審査がある場合もあります

法律事務所に顧問契約を依頼する場合、事務所によっては、企業の審査が行われる場合があります。

審査と言ってもあくまで形式的なもので、どのような企業なのか、企業規模はどのくらいなのか、企業内容に可笑しな点は無いかどうかなど、弁護士を派遣しても問題が無いかどうか、安心して働くことが出来る企業かどうかなどを判断するために、審査が行われる場合があります。

またこの審査を行うことで、よりこの企業に適している人材は誰か、どんな弁護士を向かわせれば満足してもらえるかなどをリサーチする意味合いがありますので、決して悪い意味で捕らえてはいけません。あくまで、お互いが気持ちよく仕事をするために大切なリサーチになりますので、ある程度時間がかかったとしても、大きな気持ちで待つように心がけましょう。

一度の仕事を依頼するのとは異なり、顧問契約となると非常に重要な契約になりますので、企業側だけではなく、法律事務所側も非常に慎重になります。万が一弁護士が失礼なことをしたら不味いということもあり、慎重に人選をしてくれている事務所がほとんどですので、顧問契約までには、ある程度の時間がかかることを考慮したうえで申し込みを行いましょう。